あまねの杜保育園 土と水と緑を周る立体回遊動線の保育園-

船橋市内に「160名の園児が自然とともに伸び伸び遊べ、同時に保護者や管理者が安心できる保育園」が求められました。

 

中央の庭と外端の木々を周るようにデッキ、スロープ、階段やブリッジを巡らせ、子どもが楽しく遊べ、大人の目が届き易く、緊急時も逃げ易い立体回遊動線とし、それを外部からは台形の堅牢な壁と屋根で覆う、“楽しさを強さで守る構成”としました。

調理室はガラス張りで庭正面に配し、食育も積極的に進めます。
また、環境的には庇で夏の日射を防いだり、坪庭で通風を導いたり、給気を地熱で冷やしたり、雨水利用と太陽光発電で池の水を循環させたりと、設備に頼らない省エネ建築を目指しました。

  1. 敷地:千葉県船橋市
  2. 構造:鉄骨造
  3. 規模:地上2階
  4. 用途:保育所
  5. 延床面積:1,493.54m²
  6. 竣工:2015.08
photo: shigeo ogawa
中庭