松戸のビル –異なる用途/形状の各室を立体的に整理したビル-

松戸駅前繁華街の密集した敷地・斜線で制限される高さの中に、医院・親住宅・子住宅の3世帯を詰め込むビルが求められました。

明快なゾーニングによる機能的で効率的な動線設定とするとともに、限られた容積・予算を最も効率的に使うため、LDKと寝室群の天井差を利用したり、水回りを片側に集めたり、用途ごと異なる部屋の縦横・高さを、適切にはめ込むことで、外壁面積から設備配管まで含んだ建設総コストを最小限に抑え、メリハリある合理的立体構成を実現しました。

  1. 敷地:千葉県松戸市
  2. 構造:鉄骨造
  3. 規模:地上5階
  4. 用途:二世帯併用住宅(医院)
  5. 延床面積:507.25m²
  6. 竣工:2015.04
南東面外観