横浜のコートハウス -様々な矛盾を両立したコートハウス-

低層市街地の街並保存とコートハウスの要望とを、セットバック形状で両立。所有する3台の車の保管と居住空間の豊かさを、階高を変えた断面計画で両立。建築協定上の近隣への開放と住み手のプライバシーの保護とを、アルミルーバーで両立。さらに、要求内容と予算とを適材適所で両立…。

と、様々なレベルで矛盾する相反要素が全て両立するよう根気よく調整し、丸2年をかけて唯一の回答にようやく至りました。

  1. 敷地:神奈川県横浜市
  2. 構造:鉄骨造
  3. 規模:地上2階
  4. 用途:専用住宅
  5. 延床面積:182.07m²
  6. 竣工:2007.06
外観